新着情報

アメックス(AEMX)を持つべき7つの理由を教えます!

 

7つの理由その1として挙げられるのは、「特典」となります。カードを維持するためには年会費が必要となりますが、普段使用をしていて、これを高いと感じたことは正直一度たりともありません。

 

アメックス(AMEX)というのは特典がとっても多いクレジットカードであり、網羅的に挙げようと思っても本当にキリが無くなってしまうため、ここでは自分がよく使うものを中心として抜粋させていただきます。

 

特典がすごい

 

(1)旅関連

■H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク
電話一本するだけで、国内外旅行に必要となるチケット、そして予約の全てにおいて手配してくれます。よく利用していますが、本当に便利です。
「子供も一緒に楽しむことが出来る温泉」とかフワッとしたことを伝えても真剣に相談に乗ってくれます。海外でも頼りになる存在です。
■エクスペディアとの連携
定期的にある出張など特にデスクを使用する必要の無い時には、エクスペディアを使っていますが、アメックス(AMEX)があるだけで、なんと全ホテルが8%オフになるんです。連泊の時なんかは、結構大きいですね。
■空港でのサービス
アメックス(AMEX)のカードだけで30ヶ所、そして無料で発行することの出来るプライオリティパスの分を足しますと600ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用することが出来ます。私は海外出張が比較的多いので、これが無いとかなり残念になります。
■海外旅行先での日本語サービス
これも極めて便利な存在であり、利用頻度が高いサービスといえます。現地にて、あんなもの食べたい、はたまたこんなとこ行きたいとか、グダグダと相談することが出来ます。そのまま予約をしてもらうことも出来ますので、英語が苦手な私にとって非常に助かります。

 

(2)買い物関連

■AMERICAN EXPRESS SELECTS
ザ・ペニンシュラ東京、グランドハイアット東京、そしてリッツ・カールトンなどなど、国内外の有名ホテルのりようが最大60%以上の割引になっちゃいます。何気に凄いサービスなのではないでしょうか?
2000以上のハイレベルなレストランに関しても優待価格で食事をすることが出来ます。
実際のところこれだけで年会費は十分に相殺することが可能です。
■クラブエッセンシア
女性のアメックス会員向けとして登録制(無料)クラブとなります。こちらについても、グルメ、ビューティー等女性が関心のある分野にて極めて充実している優待サービスとなります。
■ショッピング・プロテクション
ミラクルサービスその一、です。アメックス(AMEX)で支払いをした商品が壊れてしまったり、盗まれた場合、90日以内でしたら補償をしてくれるんです。さらに年間MAX500万円までなんてすごいの一言。
■リターン・プロテクション
ミラクルサービスその二、です。こちらに関しては、購入した店舗が返品を受け付けてくれない時、なぜかわかりませんがアメックス(AMEX)が受け付けてくれるというなんとも不思議なサービスです。笑

 

デスクが優秀

7つの理由その2として、「デスク」が挙げられます。アメックス(AMEX)というのは、その他多くのカード(プレミアムカード会社含む)とは異なっており、自社にてデスクを持っています。カード会員については、そのデスクにいろいろな問い合わせや相談をすることが可能です。例えば、トラベルデスクを利用すれば、「これこれこんな感じのホテルをいくらぐらいで予約したいんだけど。」とか、直行便が飛んでいない国に海外旅行で出掛けるときには、「このタイミングで最短、最安でチケットを購入したい!そのついでに便利なホテルも予約をお願いします。」とかリクエストできてしまいます。

 

ちなみに私は、「今夜急に大切な接待が入ってしまったので、なんとか恵比寿近辺で、落ち着いた和食、そして予算一人20,000円以内、さらに夜8時から入れる店を3つピックアップしてメールしてください」と無茶なことを言った経験がありますが、その際にも1時間以内にきちんとURLを付けてメールくれました。まるで専属の秘書のようですね。

 

このようなデスクが、プラチナカードにワンクアップすることで365日24時間利用することが出来ますので、ほとんど最強なのです。さらにセンチュリオンになることで、会員専属になるようです。その質たるやイメージするだけで恐ろしいですね。
この非常にクオリティの高いデスクサービスだけでも、アメックス(AMEX)をセレクトす理由として十分事足ります。

 

ステータスが高い、券面がかっこいい

7つの理由その3として、「ステータス」が挙げられます。
やはり、国内・海外を問うことなく一定の評価(信用)の認められている決済手段というところで、その他のカードには無いワンランク上のステータスがあるのは事実といえるでしょう
「持つ」という事だけでかなりの満足感を得ることが出来るカードというのはあまり存在しないですが、アメックス(AMEX)を忍ばせている自分の財布が、入って無いときより存在感がある気がします。

 

ただ、社会人にもなりますと、人前でカードを提示する機会が急激に増えますし、少しのコミュニケーションの中でも自分を最大限表現して、それを伝えていかないといけないという意味で考えますと、しっかりしたステータスのカードを所持している、というのは非常に大切なことかと思います。
またアメックス(AMEX)の券面のデザインについては世界各国で評判が良いです。グリーン、ゴールド、シルバー(プラチナ)、ブラックなど発行されていますが、提携カードを含め、どれもシンプルで、なお且つ、伝統と洗練を感じる絶妙なデザインで最高です。

 

なお、アメックス(AMEX)のカードでもステータスな存在にあるのがプラチナ・カードです。こちらに関しては最近かなりの数のインビテーションを発行しているようで、敷居は若干低くなってきているようです。私についても、ゴールドで月100万程度の決済を1年継続したらインビテーションが届きました。その一方で、センチュリオン、こちらに関しては周囲のプラチナホルダーを確認しても、そう簡単には発行していないようです。まさに本当のステータスカードという感じを受けます。

 

ちなみに、あの有名なビル・ゲイツはアメックス(AMEX)のグリーンを愛用して使っているようです。グリーンと言いましても、その辺のセンチュリオンホルダーよりも与信枠はかなり大きいかと思いますが…

 

ポイントがお得

7つの理由その4としまして、「ポイント」が挙げられます。
これはやはり外すことは出来ません。ポイントについて戦略的にみてみますと、2つの軸にて評価するのが適切です。そのひとつは「貯めやすさ」そしてもうひとつとして、「使いやすさ」です。ちなみに、アメックス(AMEX)のポイントプログラムのことを、「メンバーシップ・リワード」と呼んでいます。

 

■貯めやすさ

まず最初に、アメックス(AMEX)のポイントというのは、100円=1ポイントで貯まっていき、1ポイント1円として利用することが出来ますので、還元率は基本1%ということになります。十分合格点の範囲かと思いますが、ここについては各カードでそこまで差が無いところです。
貯めやすさということでは、別でも取り上げていますが「カードを使用することが出来る場所が多い」というところが重要になります。この前、と言いましても数年前の昔のことですが、確かにVISAやMASTERと比較をしてアメックス(AMEX)の利用することの出来る店舗が少ない時代が確かにありました。しかし、現在はリアル店舗、そしてネット通販含め、利用することの出来る店舗はほぼ遜色無いと言っても決して過言ではありません。よく比較されるダイナースよりも利用出来るところは多いのは確かです。
ポイントを貯めるコツについては、以下のようなものがあります。

 

・公共料金や通信費、そしてもし出来ることなら家賃などの固定費を全て集約する
・コンビニ、スーパーなどで利用する(あまり知られていないことですが、サインをする必要無くスッと決済できます。
・スイカなどの交通系ICカードのオートチャージに使用する。
・QUICPayなどの電子マネーを小銭代わりに使用する。
・家族カードを作り、家族の決済にも使ってもらう。

 

このような、生活のベース部分の全てにおける決済手段にするというのは、実際のところアメックス(AMEX)側も歓迎している傾向にありますので、彼らにとっても非常に良いヒストリー(利用履歴)となるワケです。プラチナ・カードを目指している方などはより積極的に使用するのが良いかと思われます。

 

さらにこれはインターネット系の事業者向け情報となりますが、googleアドワーズやYahoo!リスティングを始めとする、ネット広告の決済においてアメックス(AMEX)を使用しますと、かなりポイントが溜まっていくようです。ちなみにダイナースでは貯まりませんので、代理店の方なんかはオススメです。

 

■使いやすさ

そして一方の使いやすさです。ポイントの交換先が多い、また条件が良いなどといったところが評価軸になりますが、これに関してもアメックス(AMEX)は大変優れています。
以下、いくつか非常に多彩な交換先を挙げてみます。

 

・楽天ポイント、Tポイントなどの汎用ポイント
 ⇒たったこれだけでも非常に使用することの出来るところが多くなっていますが、更にこの先に変換することの出来るポイントが多くあります。
・ANA、デルタ航空などといった航空会社のマイレージポイント
 ⇒これは凄いポイントなのですが、メンバーシップ・リワードプラスと呼ばれる特別プログラム(年間3,000円)に加入することで、驚くことに等価でポイント交換できてしまうのです。これはつまり、1000ポイント=1000マイルとなります。例えばハワイはローシーズンでしたら35000マイルで行けますが、月の平均決済額30万円×12ヶ月=36000ポイント貯まることになりますので、1年に1度のハワイが確約されます。これって凄いことだと思いませんか?韓国なら年3回も行ける計算です。
・ヒルトン、スターウッド等のホテルチェーンで使える宿泊ポイント

 

これだけの理由でも、貯めたポイントを無駄にすることなく有効活用できるというのが理解出来るかと思います。

 

育てる楽しみがある

7つの理由その5としまして、「育成系」を挙げられます。
基本的にアメックス(AMEX)はグリーンかゴールドからスタートしますが、カードの種類と限度額に実は、直接的な相関関係はありません。どちらについても、概ね20万?50万の限度額からスタートされます。これは結構シブいかもしれません。

 

しかし、支払遅延などの事故を起こさない限り、着実に、また結構スピーディーに限度額は上がっていくことになります。私の場合では、ゴールドで30万円からスタートし、その2ヶ月後には約50万円に、半年で約70万円、そして1年で約100万円にもなりました。そのタイミングによってプラチナ・カードのインビテーションが届き、すぐにカードを切替え、その後も着実に枠が広がりつつあり、今ではなんと約200万円にもなりました。

 

たかだかクレジットカードなのですが、歴史の深い企業のいちユーザーとして信頼を積み重ねていき、与信枠が広がっていくことで愛着が徐々に湧いてきます。その他のカードでも同様のことですが、アメックス(AMEX)というのは与信枠、カードランクのこの2点において成長の伸びしろがダントツといえるでしょう。

 

この点私は、かなりデスクや特典、ポイントなどを積極的に使いこなすタイプであり、その恩恵に預かっていると実感することが出来ていますので、生活・仕事のパートナーとして必要不可欠な存在だなと思います。無かったとしても特段精神的なショックを受けるようなことはありませんが、生活における利便性については相当失ってしまいます。そういう意味では欠かすことは出来ません。

 

このように、与信枠の拡大、そしてゴールド→プラチナ→センチュリオンといったクレジットカードのランクアップなど、確実に自分の身近のお金の流れに沿って育っていきますので、アメックス(AMEX)というのは、私にとってどんどんポテンシャルを引き出していける育成系カードです。

 

保険が手厚い

7つの理由その6としまして、「保険」が挙げられます。
アメックス(AMEX)の付帯保険については手厚い事で広く知られています。ゴールドカード以上の保険は一般的にだいたい手厚いのですが、アメックス(AMEX)はゴールドカード以上の特典、保険をグリーンカードすら有しています。

 

また、会員限定で付帯保険以外に、加入することの出来る非常にコストパフォーマンスに優れたオプション保険についても充実しています。主なものを見ていきますね。これも、種類がめちゃくちゃ多いので詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。

 

■付帯保険

・国内・海外で旅行したときに、死亡または重い障害が残ってしまった際の補償となりますが、グリーン・ゴールドの場合は最高5000万円、プラチナ・センチュリオンはなんと驚きの最高1億円まで補償されます。
・次に、海外で怪我や病気をしてしまった時です。これについてもわりとありますが、グリーンの場合は最高100万円、ゴールドは最高300万円、そしてプラチナは最高1000万円、さらにセンチュリオンは最高2000万円まで補償されます。結構差がでてきます。
・次に、海外で人に対して賠償しなくてはならなくなった時です。これってピンチですよね。こんな時でも、グリーンなら最高3000万円、ゴールドは最高4000万円、プラチナは最高5000万円、そしてセンチュリオンに至っては最高「1億円」なんです。

 

なお、アメックス(AMEX)の旅行関連の保険に関しては、比較するまでもありませんが、クレジットカード業界トップクラスとなります。海外旅行時、ツアー会社などから保険を薦められるケースが多いかと思いますが、アメックス(AMEX)一枚持っていれば、それらは全くもって不要です。

 

■オプション保険

アメックス(AMEX)におきましては付帯保険だけではなく、オプション保険についても極めて充実しています。これらを全て付帯保険に含め年会費を高額にするより、合理的に会員それぞれの状況に合わせてカスタマイズできるので、私の意見としては便利だなーと思います。
例えば、以下のようなものがあります。

 

・ヘルスケア系
 →オススメは、歯の治療保険「マイ・デンタル」となります。インプラントや詰め物などといった高額な自由診療にかかる治療費もカバーできちゃいます。
・アクシデント系
 →オススメは、日常の事故だけではなく地震や火災などといった天災による怪我、疾病なども補償してくれる「天災・ダブルガード」です。また、"まるごと持ち物を保険に入れる"というコンセプト「プロテクトYOU」に関しては、アメックス(AMEX)のオリジナル保険となりますが、落とした財布の中身までしっかりと補償してくれます。

 

これらの保険はとっても低額から加入することが可能で、日常生活に安心をもたらせてくれます。さらに、オンラインで気軽に申し込みをすることが出来ますので、とっても便利ですね。

 

種類が豊富

最後に7つの理由その7は、「種類の多さ」となります。
アメックス(AMEX)には、意外に知られていないのですが有名なグリーン、ゴールド等のプロパーカードだけではなく、提携カードと呼ばれているカードがかなりの数存在します。ANA、JAL、デルタどの航空会社、セゾン、三井住友フィナンシャルグループなどの銀行・金融系会社などが提携先として主となります。それぞれ、サービス、特典が微妙に変わってきますので、最適なものをセレクトする楽しみもあります。

 

プロパーのゴールドから開始し、そしてプラチナに切替え、いつの日かセンチュリオンというのが個人的には王道かと思っていますが、生活スタイルに合ったカードが一番良いでしょう。各々の詳細につきましては、以下のリンク先をチェックしてみてください。

 

※カードリンクを並べる

 

スマホで便利

iOSとAndroidで公式アプリをアメックス(AMEX)では配布しています。これらを使って、利用明細やポイント残高をチェックすることがいつでも可能です。。また、iOS版の場合には個人ごとにカスタマイズ(!)されているキャンペーンや特典も見ることも可能で、これがなかなか魅力的です。(よく使うセレクトショップの優待とかあります。)

 

何回かのアップデートが行われ、インターフェースもかなり使いやすい状況に進化しています。使いやすい、デザインが良い、というのは、日頃から使っているツールとして、個人的にはとても重要な事だと思っていますが、そういったところもアメックス(AMEX)は理解しているなーと思います。

 

また、もちろんWebでも大画面でという方は見ることができますが、様々なカード会社の中でこういったところのユーザーインターフェースは、図抜けて使いやすいというのが私の感想です。

 

ちなみに、「ナビいち」という、GPSを利用したグルメサイトをアメックス(AMEX)では運営しています。アメックス(AMEX)カード会員向けの限定サービスを行っている店舗だけを掲載していますのでかなり便利です。食に強いアメックス(AMEX)らしく、とっても良い店がほんと多いので、日常的に利用しています。