アメックス(AEMX)を持つべき7つの理由

二大ステイタスカード

その名だけでダイナースカードとアメックスカードは、一目置かれる二大ステイタスカードですから、一般的なクレジットカードとは年会費設定も一線を画しています。

 

「ダイナースクラブカード」の年会費は一般的なゴールドカード以上の価値を持つとされており15,750円です。これは一般カードどころか、平均よりゴールドカードとしても高い値段設定になります。年会費が5,000円を下回るゴールドカードや、最近では、初年度の年会費を無料にしているゴールドカードも珍しくないことを考えると、これらのことがご納得いただけるかと思います。

 

通称グリーンカードと呼ばれるアメックスの一般カードであるアメリカン・エキスプレス・カードは年会費12,600円で、一般のゴールドカードクラスの金額にこちらもなっています。一般カードがゴールドクラスの価値をアメックスも持つとされており、年会費にもそれが如実に表れています。年会費はアメックスゴールドが27,300円で、こちらは一般的なプラチナクラスのお値段です。

 

インビテーションカード(入会はカード会社からの招待がなければできないカード)である、「ダイナースプレミアム」の年会費は105,000円、そして「アメックスプラチナ」は140,040円です。驚くなかれ「アメックスセンチュリオン」に至っては、年会費は378,000円という超高額設定になっています。