アメックス(AEMX)を持つべき7つの理由

メンバーシップ・リワード

100円=1ポイントで得られる「メンバーシップ・リワード」ポイントからマイルへの交換が特筆すべきことです。ANAないしJALどちらかにしか普通のカードは、交換できないか、交換がそもそもできない場合がほとんどです。また、交換レートも高いです。

 

「1,000円=1ポイント=2マイルで、500円で1マイル、還元率0.2%。」といったケースが一般的なカードは基本です。アメックスグリーンは、それに対して「100円=1ポイント=0.5マイル、還元率0.5%」、さらに年会費3,000円強の「メンバーシップ・リワード・プラス」に入会をしていることで、還元率は1%になります。つまり、還元率はANAやJALカード並みになるということです。(残念ながらは2014年1月31日でJALへの交換終了してしまいました)

 

還元率1%というというと最近の還元率が高いクレジットカードに比べて低いように思われますが、ANAのマイルに関しては1ポイント=2円以上の価値。

 

航空券へ変える場合は、2円〜最大20円程の価値になるのでポイントで3年に1度の豪華海外旅行なんかも夢ではありませんね。

 

マイルへ交換出来るその他の航空会社

 

多数交換できる航空会社は、あります。「チャイナ・エアライン」「デルタ航空」「ヴァージンアトランティック航空」「タイ国際航空」「キャセイパシフィック航空」「シンガポール航空」「アリタリア・イタリア航空」「フィンランド航空」「中国南方航空」「ブリティッシュ・エアウェイズ」「スカンジナビア航空」「エティハド航空」「エミレーツ航空」となります。

 

必ずしも海外に行く際、ANAやJALではないはず。デルタやキャセイに費用や路線の関係で乗ることもあるはずです。

 

ここまで多くの航空会社のマイルにに交換できるのはアメリカンエクスプレスカードしかありません。

 

また「メンバーシップ・リワード・プラス」に入っていれば、ポイントをヒルトンやスターウッドホテルなどの提携ホテルの費用に、充てることもできます。